コエンザイムQ10のサプリは健康に良い|若さをゲットする方法

これからの展望

男性

現在高齢化社会を迎えている日本では、シニア世代の活躍が注目を集めています。シニア世代が活躍するためには、QOLの向上が必要となります。QOLとは生活の質という意味であり、若々しく元気に過ごすためにはQOLが高い方が良いです。そして若々しさを保つために、今後注目されている成分にコエンザイムQ10があります。コエンザイムQ10はほぼすべての細胞に存在していて、元気の素を作ったり若々しさに関与したりしていると言われています。しかしながら体内のコエンザイムQ10は、20歳前後をピークにして減少していきます。そして50代になると20代の半分程度まで減少すると言われています。コエンザイムQ10は、食事から十分な量を摂るのが難しいため、今後はサプリメントに注目が集まるでしょう。

元気の素を作ったり、若々しさに関与したりするコエンザイムQ10は、20歳前後をピークに減少するという特徴があります。また食品に含まれるコエンザイムQ10の量は、ごくわずかという特徴もあります。日本コエンザイム協会が推奨している摂取量は100から300mg程度と言われています。しかしこれはピーナツに換算すれば数千粒、イワシに換算すれば数十匹に相当するので食事からの十分な摂取し難いという特徴があります。そこで注目されるのがサプリメントです。サプリメントでは、ほんの数粒で多くのコエンザイムQ10を摂取する事が可能です。普段の食生活から摂取の難しい成分を効率良く摂れるサプリメントは、継続しやすく、注目度が高まっています。今後も、サプリメントの注目度は衰えることはないでしょう。